FC2ブログ

落柿舎を訪う

昨日の続きです。

DSC03414.jpg


DSC03415.jpg



落柿舎は、元禄の俳人向井去来の遺跡だそうです。
去来は芭蕉の門人です。

DSC03421.jpg


DSC03422.jpg








しっとりと落ち着く感じのいい庵です。

DSC03424.jpg


DSC03423.jpg




この蓑は江戸時代からずっとここにかかっていたそうです。ほんとかな?

DSC03426.jpg




外観はこんな感じ。

DSC03433.jpg


DSC03432.jpg


DSC03436.jpg


DSC03439.jpg






これも感じいいですね。

DSC03440.jpg



中はこんな感じ。

DSC03427.jpg


DSC03428.jpg


DSC03429.jpg


DSC03431.jpg




芭蕉が元禄4年4月18日から5月4日まで滞在して書き残したのがこれ、『嵯峨日記』です。

DSC03430.jpg





外には柿の木があって、枝もたわわに柿の身を実らせています。

DSC03434.jpg


DSC03435.jpg



なんでも、庭に柿の木が40本あり、その柿の実が一夜のうちにほとんど落ちつくした。
それが、この落柿舎の名の由来だそうです。





しばらく外の腰かけに腰かけてぼーっとして、癒されましたよ。







今日も
ポチッとクリックしてくださると、嬉しいです。
    

ほのぼの日記 ブログランキングへ


写真(風景・自然) ブログランキングへ
どうもありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント